パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

オフラインで最新状態のウイルススキャンを行う方法(Windows Defender)

   


インターネット上では常に最新のウイルスが出回っているため、セキュリティソフトの定義ファイルを常に最新の状態にアップデートする必要があります。

今回はWindows Defenderをオフラインで最新の定義ファイルへ手動アップデートする方法をご紹介します。

 

ウイルスに感染している可能性があるパソコンは別PCなどにも感染する恐れがあるので、インターネットに接続することはできません。

よって、別なパソコンを使用して最新の定義ファイルのみダウンロードし、USB等を使用して感染PCに定義ファイルをインストールする方法です。

 

今回はWindows10でWindows Defenderのウイルス定義ファイルのアップデートを行う方法をご紹介します。

①まず、お使いのパソコンのビット数に合わせて「Windows Defender in Windows 10 and Windows 8.1」から定義ファイルのダウンロードを下記サイトから行います。

https://www.microsoft.com/security/portal/definitions/adl.aspx?wa=wsignin1.0

wd1

②ダウンロードした「mpas-fe.exe」を感染PC内で実行します。

実行後は何も表示されないので、Windows Defenderを起動して定義が最新に更新されているか確認してみてください。

パソコンをオフライン環境で使用している場合は是非お試しください。

 

 

 

 

 

 

 - パソコントラブル, 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

1
Buffalo製共有HDDのアクセス制限設定
1303976519
SSDのファームウェア障害によりパソコンの使用中にフリーズ→ブルースクリーンになってしまう。
dengen
パソコンの電源が入らないときは・・・
セーフモード
Windows10のセーフモード起動方法
2017-04-04 01.26.45
ノートパソコンのCMOSバッテリー交換について
2016-01-21 02.32.03
ノートパソコンのCMOS電池交換作業
drop
スマートフォンのカメラで撮った写真を自動的にDropBoxにアップロードできる「カメラアップロード機能」
no image
ガラケー(MicroSD)からのデータ復旧対応
drive
「このドライブを圧縮してディスク領域を空ける」の実行によって発生する不具合
win7
Windowsのサポート期限について