パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

オフラインで最新状態のウイルススキャンを行う方法(Windows Defender)

   


インターネット上では常に最新のウイルスが出回っているため、セキュリティソフトの定義ファイルを常に最新の状態にアップデートする必要があります。

今回はWindows Defenderをオフラインで最新の定義ファイルへ手動アップデートする方法をご紹介します。

 

ウイルスに感染している可能性があるパソコンは別PCなどにも感染する恐れがあるので、インターネットに接続することはできません。

よって、別なパソコンを使用して最新の定義ファイルのみダウンロードし、USB等を使用して感染PCに定義ファイルをインストールする方法です。

 

今回はWindows10でWindows Defenderのウイルス定義ファイルのアップデートを行う方法をご紹介します。

①まず、お使いのパソコンのビット数に合わせて「Windows Defender in Windows 10 and Windows 8.1」から定義ファイルのダウンロードを下記サイトから行います。

https://www.microsoft.com/security/portal/definitions/adl.aspx?wa=wsignin1.0

wd1

②ダウンロードした「mpas-fe.exe」を感染PC内で実行します。

実行後は何も表示されないので、Windows Defenderを起動して定義が最新に更新されているか確認してみてください。

パソコンをオフライン環境で使用している場合は是非お試しください。

 

 

 

 

 

 

 - パソコントラブル, 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

wex-300_m1
ルーターから距離があり、Wifiの電波が不安定なときに便利な「無線LAN中継機」
up9
Windows10のアップグレード予約を取り消す方法
aaa
通電しないノートパソコンのマザーボード修理
2015-08-06 16.10.53
ノートパソコンの液晶交換修理も行っています。
2018-03-31 10.38.05
LIFEBOOK UH90/L の液晶ユニット ヒンジ修理
2018-03-30 14.45.02
MacBookPro Retina キーボード洗浄作業
dengen
パソコンの電源が入らないときは・・・
pr2
無線プリンタ接続設定の方法
no image
フラッシュメモリの故障を診断できるフリーソフト「chkflsh」
ctf2
Windows10からWindows7にダウングレード後、日本語入力ができない