パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

メモリーの増設で得られる効果について

      2015/05/20


一般的に、メモリーを増設するとパソコンが速くなると言われていますが、普段のパソコンの使い方や環境によっては、あまり速度が変わらない場合もあります。

MEMORI2

メモリーは、パソコンで作業を行うときに、処理されるデータが一時的に読み込まれる場所で、パソコンでプログラムを起動するとアプリケーションのプログラムやデータが、ハードディスクからメモリーに読み込まれ、CPUが処理を行います。

MEMORI3

よって増設を行うことで、一度に読み込めるデータ量も増え、大量のデータを効率良く処理することができるようになるという仕組みです。

 

メモリーの種類について

 メモリーは、主記憶装置、またはメインメモリとも言い、大きく分けるとデスクトップ用(DIMM)ノートパソコン用(S.O.DIMM)の2種類があります。

さらに、それぞれDDR、DDR2、DDR3の3種類があり、マザーボードが対応する規格に適合していなければいけません。

さらに細かく分けると、PC3-12800、PC3-10600、PC2-6400、PC2-5300、PC2-4200、PC3200などの転送速度動作周波数の異なるものに分けることができます。

dimm

sodimm

 

 

メモリーの互換性について

メモリーを増設するにあたって一番大事なことは、DDR3 (PC3)などメモリー規格に確実合致しているものを増設することです。

DDR3PC3

さらに、それぞれのモジュール規格(チップ規格)には下位互換性があります。

例えば、PC3-10600(DDR3-1333)対応のマザーボードでは、PC3-10600よりも動作周波数が高い(データ転送速度が速い)メインメモリーが使えますが、マザーボード側に合わせて動作するため、このマザーボードに PC3-12800のメインメモリーを搭載すると、PC3-10600の動作クロック周波数(データ転送速度)で動作します。

また、デュアルチャネルという同じ規格、同じ容量のメモリを2枚取り付けることにより、転送速度を向上させる技術にパソコンが対応している場合もあるため、そういった意味でも同じ規格の物を増設するとより効果的です。

 - PC関連知識, Windows高速化 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
EDSAC ~世界で最初に造られたコンピュータ
cr2023
パソコン内部のCMOS電池(ボタン電池)が消耗すると起こる障害について
insert
文字が上書きされてしまい直後に打った文字が消えてしまう場合の対処方法
no image
ウェブサイトを表示したたけで感染してしまうマルウェア「ランサムウェア」とは
kinou1
パソコンの分解清掃と効果
memori
パソコンの動作調整について
t5
タスクのスケジュールを設定して定期的に動作するソフトを無効化する。
drive
「このドライブを圧縮してディスク領域を空ける」の実行によって発生する不具合
huryousekutanagare
HDD故障原因の一つ「不良セクタ」とは
d1
デバイスドライバの検索方法