パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

蓄電によりパソコンの電源が入らないときの解決方法

   


パソコンの電源が入らないときは、電気がパソコン内部に溜まってしまったために、通電しないということがあります。

その際は、パソコン内部の電気を一度放電すると治ることがあります。今回はその方法をご紹介します。

 

まず、電源ケーブルなどのパソコンについているケーブル類を全て抜きます。

そして、パソコン本体のバッテリーを抜き、2~3分放置します。(ノートパソコンの場合)

デスクトップも同様に、ケーブル類を全て抜き、2~3分放置すれば作業完了です。

非常に簡単ですが、パソコンが通電しない場合はまずこの作業を行いましょう。

それでも直らなければ、電源周りのコンデンサのパンクなどが疑われますので、パソコン修理業者に依頼しましょう。

 

修理のお問い合わせはコチラからお気軽にどうぞ

 フリーダイヤル:0120-570-420
メール:info@marukei-computer.co.jp

 

 - PC修理, パソコントラブル , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
フラッシュメモリの故障を診断できるフリーソフト「chkflsh」
ami-bios-screen
デスクトップパソコンのビープ音の種類と原因について
memori
パソコンの動作調整について
10959578_833159526757045_463586775537456801_n
WindowsUpdateが終了しないときの対処方法
234
迷惑ソフトを手動で削除する際に確認する項目
3
Windows10アップグレードデータの削除方法について
ctf
言語バー (Microsoft IME) が表示されないPCの簡易修復対応
insert
文字が上書きされてしまい直後に打った文字が消えてしまう場合の対処方法
reji
意味不明のエラー検出やパソコンの動作に影響を及ぼす迷惑ソフトとは
huryousekutanagare
HDD故障原因の一つ「不良セクタ」とは