パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

タスクのスケジュールを設定して定期的に動作するソフトを無効化する。

      2015/09/04


今回ご紹介するのは、定期的に動作するソフトをタスクスケジューラーというWindows標準の管理ソフトで設定をする方法です。

t1

これでタスクのスケジュールを設定することによりWindows起動時に表示されるプログラムや、一定の日にちに実行されるプログラムを無効化したり、実行される日時などの設定を行うことができます。

今回はプログラムのスケジュールの無効化・削除する方法をご紹介します。

 

 

①まず、コントロールパネルを開きます

t2

 

②システムとセキュリティ→管理ツールの順にクリックします

t3

t4

③管理ツールの中にタスクスケジューラーがあるのでクリックして開きます。

t1

 

 

 

④タスクスケジューラーが起動したら、タスクスケジューラーライブラリをクリックします。

t5

 

 

⑤すると実行が予定されているタスクが表示されるので、無効化したいタスクを右クリックし、「無効」をクリックします。

t6

 

 

⑥状態が「無効」になっていれば作業は完了です。

t7

 

 

タスクスケジューラーの設定は、迷惑ソフトの混入によりプログラムが自動で立ち上がるようになってしまった際などにも非常に有効ですので、是非お試しください。

 

 

 - Windows高速化, その他, パソコントラブル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

1303976519
SSDのファームウェア障害によりパソコンの使用中にフリーズ→ブルースクリーンになってしまう。
no image
ユーザープロファイル破損に関するご依頼が増えています
wex-300_m1
ルーターから距離があり、Wifiの電波が不安定なときに便利な「無線LAN中継機」
reji
意味不明のエラー検出やパソコンの動作に影響を及ぼす迷惑ソフトとは
dropbox
データの共有、バックアップに便利なDropBoxの使い方
internet option
ブラウザのトップページの変更方法
drop
スマートフォンのカメラで撮った写真を自動的にDropBoxにアップロードできる「カメラアップロード機能」
print2
プリンターで印刷できないときのチェック項目
ma
Microsoftアカウントの復元方法
text
Outlook2010・2007・2003で添付メールを送信すると添付ファイルが見えなくなるトラブル