パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

Mac Miniの分解修理・ブートキャンプ設定も行っています。

   


Mac Mini(Late2012)のブートキャンプが起動しなくなってしまったとのことでご依頼を頂きました。

そこで、再度ブートキャンプ設定を行い、Windows7インストールを行うのですが、2015年8月から発生しているというデジタル署名の問題により正常にインストールが出来ない状態になるので、以下のような方法で解決しました。

b1

 

対策方法としては(今回はMac mini Late2012にて)、①「Macのブートキャンプアシスタントを起動」 ②「Windows7またはそれ以降のバージョンでインストールディスクを作成最新サポートソフトウェアをAppleからダウンロード」 の2つの項目にチェックを入れて「続ける」をクリックし、USBのインストールディスクを作成します。

次に作成したUSBのインストールディスクの中からAppleSSD64のフォルダーを削除します。その後ブートキャンプアシスタントを起動し、「Windows7をインストール」のみにチェックを入れてインストール作業を行います。

Windows7インストール完了後はUSB関連の機器が認識しなくなります。まず、MacからParagonNTFSを使ってブートキャンプのドライブにWindows関連のドライバファイル(Macサポートからダウンロード)を移します。今回はBluetoothのキーボードが使用できる状態でしたので、キーボード操作でデバイスドライバをインストールします。

しかしそれでもUSB関連のドライバがインストールできなかったため、Windowsマーク+Rから「devmgr.msv」を入力し、デバイスマネージャーを開き、「表示」を接続別にすると、不明なデバイスが出てくるので、不明なデバイスのドライバをインターネットから更新します。すると更新が完了しますので、これでドライバのインストールは以上になります。

 

2016-02-24 08.45.40

 

また、今回はブートキャンプの設定の他にMac MiniへのSSDの増設作業も行いました。

Mac Miniへのドライブの増設は、ドライブの換装とは異なり、完全分解作業が必要になるので、それに伴い今回は上段ベイ用のHDD増設ケーブルも別途必要になりました。

ロジックボードをMacから取り外す際は完全に全てのケーブルが抜けていることを確認してから取り外すことが重要になってくるので確認しながら作業を行います。

 

 

 

 

 

 - PC修理, パソコントラブル , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

soft
NEC製ソフトウェアを削除・再インストールできる「ソフトインストーラー」
puro-do
dynabook TX/* AX/*シリーズ ACアダプターの使用でフリーズ、電源が落ちる。①PC分解、部品発注編
ma
Microsoftアカウントの復元方法
2018-03-30 14.45.02
MacBookPro Retina キーボード洗浄作業
1303976519
SSDのファームウェア障害によりパソコンの使用中にフリーズ→ブルースクリーンになってしまう。
2015-08-06 16.10.53
ノートパソコンの液晶交換修理も行っています。
memori
パソコンの動作調整について
dengen
パソコンの電源が入らないときは・・・
no image
フラッシュメモリの故障を診断できるフリーソフト「chkflsh」
234
迷惑ソフトを手動で削除する際に確認する項目