パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

SSDにWindows XPをインストールする際は…

   


SSDにXPをインストールすると、読み込みの速度は速くなったが、書き込みの速度は遅くなってしまったという不具合が出てきます。

原因としましては、XP標準のフォーマットでHDDをフォーマットすると、ファイルの保存領域が32,256バイト目(512バイト×63セクタ)から始まるようにフォーマットされます。

しかし、SSDは4096バイト単位でデータの書き込みを行うため、ファイルの保存領域が32,256バイトから始まってしまうとズレが生じてしまい、SSD本来のパフォーマンスでデータの書き込みを行うことができなくなってしまいます。

こちらの症状はアライメントのズレと一般的には呼ばれています。

32256

もし、SSDにXPをインストールしたが、思っていたような書き込み速度が出ないという方は、アライメントのズレが発生している可能性があります。

マルケーコンピュータでは、専用のソフトを使用しデータは残した状態でアライメント調整を行うことが可能ですのでお気軽にご相談ください。

 

 - Windows高速化, パソコントラブル , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

3
Windows10アップグレードデータの削除方法について
2016-02-24 08.45.46
Mac Miniの分解修理・ブートキャンプ設定も行っています。
aaa
通電しないノートパソコンのマザーボード修理
no image
蓄電によりパソコンの電源が入らないときの解決方法
live
WindowsLiveメールで消えたフォルダーの復元
drive
「このドライブを圧縮してディスク領域を空ける」の実行によって発生する不具合
qwr
Vaio VPCCB1AFJ にて更新プログラムKB2670838を適用後Stop:0x00000050のブルースクリーンが発生してしまう
ie2
ブラウザのインターネット一時ファイル、キャッシュ等 を削除して、動作を快適に
ami-bios-screen
デスクトップパソコンのビープ音の種類と原因について
a1
迷惑ソフトの駆除に便利なフリーソフト「AdwCleaner」