パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

ブラウザのインターネット一時ファイル、キャッシュ等 を削除して、動作を快適に

   


インターネットを使用すると、履歴や一時ファイル等のデータが蓄積します。これらのデータは自動で削除されることはなく、インターネットを閲覧すればどんどん蓄積されてしまうので、手動で削除する必要があります。

今回はこれらのデータを削除する方法をInternet ExplorerとGoogle Chromeのブラウザ別にご紹介します。

 

Internet Explorer のインターネット一時ファイルの削除方法

①コントロールパネル(もしくはIEを開いて)からインターネットオプションを開きます。

ie

②削除をクリックしすると、「閲覧の履歴の削除」が表示されるので必要な項目にチェックをして削除をクリックします。

これで、インターネット一時ファイルが削除されました。

ie2

ie3

 

Google Chrome のインターネット一時ファイルの削除方法

①右上のメニューアイコンから「設定」をクリックし、「閲覧履歴データの消去」をクリックします。

ch1

②すると、削除する項目について表示されるので、削除したい項目をクリックし、「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。

これで、インターネット一時ファイルは削除されました。

ch2

 

こういったインターネット一時ファイルは数GBまで大きくなることもあるので、定期的に削除をすると非常に効果的です。

また、もっとたくさんの項目に分けて一時ファイルを削除したい場合は、フリーソフトなどを使うとさらに効果的です。

 

 - PC関連知識, Windows高速化, 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

memori
パソコンの動作調整について
sd
更新プログラムが入ってしまってもすぐにシャットダウンする方法  ※Windows7の場合
kinou1
パソコンの分解清掃と効果
ssd
HDDからSSDへの換装、クローン作業を行いました。
huryousekutanagare
HDD故障原因の一つ「不良セクタ」とは
ami-bios-screen
デスクトップパソコンのビープ音の種類と原因について
vaio
バックライト内蔵型キーボードのキーボード交換
234
迷惑ソフトを手動で削除する際に確認する項目
no image
動作が異常に遅いパソコンはHDDが故障の可能性があります。
ctf2
Windows10からWindows7にダウングレード後、日本語入力ができない