パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

ブラウザのインターネット一時ファイル、キャッシュ等 を削除して、動作を快適に

   


インターネットを使用すると、履歴や一時ファイル等のデータが蓄積します。これらのデータは自動で削除されることはなく、インターネットを閲覧すればどんどん蓄積されてしまうので、手動で削除する必要があります。

今回はこれらのデータを削除する方法をInternet ExplorerとGoogle Chromeのブラウザ別にご紹介します。

 

Internet Explorer のインターネット一時ファイルの削除方法

①コントロールパネル(もしくはIEを開いて)からインターネットオプションを開きます。

ie

②削除をクリックしすると、「閲覧の履歴の削除」が表示されるので必要な項目にチェックをして削除をクリックします。

これで、インターネット一時ファイルが削除されました。

ie2

ie3

 

Google Chrome のインターネット一時ファイルの削除方法

①右上のメニューアイコンから「設定」をクリックし、「閲覧履歴データの消去」をクリックします。

ch1

②すると、削除する項目について表示されるので、削除したい項目をクリックし、「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。

これで、インターネット一時ファイルは削除されました。

ch2

 

こういったインターネット一時ファイルは数GBまで大きくなることもあるので、定期的に削除をすると非常に効果的です。

また、もっとたくさんの項目に分けて一時ファイルを削除したい場合は、フリーソフトなどを使うとさらに効果的です。

 

 - PC関連知識, Windows高速化, 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

セーフモード
Windows10のセーフモード起動方法
serakon
マザーボードに使用されている電子部品について
huryousekutanagare
HDD故障原因の一つ「不良セクタ」とは
MEMORI2
メモリ増設でパソコンの動作をより快適に
aaa
通電しないノートパソコンのマザーボード修理
drop
スマートフォンのカメラで撮った写真を自動的にDropBoxにアップロードできる「カメラアップロード機能」
d1
デバイスドライバの検索方法
2015-08-06 16.10.53
ノートパソコンの液晶交換修理も行っています。
ma
Microsoftアカウントの復元方法
cr2023
パソコン内部のCMOS電池(ボタン電池)が消耗すると起こる障害について