パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

Windows10にて内部デバイス変更後、ライセンス認証が再び求められてしまう場合にライセンス認証を行う方法

   


今回はWindows10での新しいライセンス認証方法についてご紹介します。

Windows10が搭載されている機種でマザーボード交換などのデバイスに大幅な変更をすると、再びライセンス認証を求められることがあります

この場合、Microsoftの電話でのライセンス認証サポートでの解決が一般的ですが、確実ではありませんし、パソコンの初期化(リカバリー)を提案されることもあります。

今回ご紹介する方法では、Microsoftアカウントとライセンス情報が紐付けされている状態であれば、もっと簡単にライセンス認証を行うことができます。

よって、ハードウェアを変更する前の段階でMicrosoftアカウントへの登録が必須になりますのでご注意ください。

 

Anniversary Updateを適用し、ライセンス認証を行う。

8月2日に公開されたWindows10のAnniversary Updateを適用し、「スタートメニュー」「設定」「更新とセキュリティ」「ライセンス認証」と順番にクリックします。

ライセンス認証ウィンドウの下の方に「トラブルシューティング」という項目があるのでそちらをクリックします。

a1

トラブルシューティングが完了しました と表示されましたら、その下の「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」をクリックします。

a3

その後、ライセンス認証を行う端末を選択する画面が表示されるので、認証したい端末の「アクティブ化」をクリックします。

以上でライセンス認証は完了です。

すぐにライセンス認証手続きが完了しない場合
やエラーが出る場合は数分待つとライセンス認証が完了している場合があります。

ライセンス認証でお困りの方は是非試してみてください。

 

 

 

 - Windows10, その他, パソコントラブル, 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

adw2
手動で削除できない迷惑ソフトを検地し自動で消去できるソフト「AdwCleaner」
drive
「このドライブを圧縮してディスク領域を空ける」の実行によって発生する不具合
セーフモード
Windows10のセーフモード起動方法
cr2023
パソコン内部のCMOS電池(ボタン電池)が消耗すると起こる障害について
wex-300_m1
ルーターから距離があり、Wifiの電波が不安定なときに便利な「無線LAN中継機」
2015-08-06 16.10.53
ノートパソコンの液晶交換修理も行っています。
2017-05-06 05.17.51
マルケーあんしんパソコン(3年保証中古ノートPC)の保証での修理対応をおこなっています
note-106022-i2-ms4
Windows Vistaの延長サポートがまもなく終了します
d1
デバイスドライバの検索方法
2016-02-24 08.45.46
Mac Miniの分解修理・ブートキャンプ設定も行っています。