パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

動作が異常に遅いパソコンはHDDが故障の可能性があります。

   


Windowsの立ち上がりや動作が異常に遅いパソコンはハードディスクが故障している可能性があります。

中でも使用頻度が高く使用期間が3年以上経過しているパソコンは、特に故障する可能性が高くなります。

そこで、今回は自分で出来るハードディスク診断について紹介します。

 

まず、かんたんな診断方法としては「CrystalDiskInfo」というフリーソフトを使ってパソコンの健康状態を一目で見る方法です。

使用方法は、まず「CrystalDiskInfo」をダウンロードし、インストールを行います。

そしてインストールした「CrystalDiskInfo」を実行します。

kenko

 

すると健康状態や各項目が表示されます。そこで正常と表示されればハードディスクはほぼ問題ないことが分かります。

故障している場合は、健康状態の所の画像が「異常」や「注意」となっています。

もし、ハードディスクが故障している場合は、データを上書きしたりせずにパソコン修理業者に依頼しましょう。

マルケーコンピューターでは、ハードディスクの不具合に関する修理も対応しております。

修理のお問い合わせはコチラからお気軽にどうぞ

 フリーダイヤル:0120-570-420
メール:info@marukei-computer.co.jp

 

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2017-07-27 11.29.49
UQ Wimax契約後に端末に圏外と表示され、インターネットが使用できない
234
迷惑ソフトを手動で削除する際に確認する項目
a1
迷惑ソフトの駆除に便利なフリーソフト「AdwCleaner」
wex-300_m1
ルーターから距離があり、Wifiの電波が不安定なときに便利な「無線LAN中継機」
d1
デバイスドライバの検索方法
qwr
パソコンのブルースクリーンの特定
text
Outlook2010・2007・2003で添付メールを送信すると添付ファイルが見えなくなるトラブル
dengen
パソコンの電源が入らないときは・・・
MEMORI2
メモリ増設でパソコンの動作をより快適に
ma
Microsoftアカウントの復元方法