パソコン修理ブログ - Written by マルケーコンピュータ –

宮城県気仙沼市からパソコン修理に関連することをお伝えしていきます。

  

無線プリンタ接続設定の方法

   


無線機能対応のプリンターはプリンターとパソコンを無線ルータに接続することで、パソコンからプリンターに無線で印刷を行うことができる機能です。

そのため、無線ルータと無線機能対応のプリンターが必要になります。

今回は無線プリンタ接続設定の方法についてご説明します。

 

①共有設定

まず、パソコン側の共有設定を有効にし、パソコンからプリンターを検出できるようにします

「コントロールパネル」の「ネットワークと共有センター」から「共有詳細設定の変更」を開きます。pr1

そして、現在使用しているネットワーク(自宅であればプライベートネットワークなど)のネットワーク探索、ファイルとプリンターの共有設定を有効にします。

pr2

②プリンターのネットワーク接続

プリンター本体を操作して、ルーターのネットワークに接続をします。

Canon・Epson共に設定方法はおおよそ共通しており、「Wifi設定」という項目から設定を行います。

接続方法は、手動接続とAOSSで接続できます。

プリンターを無線接続で使う方法(PIXUS MG3130) 

 

手動接続では、Wifi設定から手動接続を選択し、プリンターでルータ本体のSSIDを選択、SSIDのパスワードを入力をすれば接続することができます。

ルータ本体のSSIDとパスワードはルータ本体の側面等に記載されています。

 

 

③デバイスドライバのインストール

パソコンにプリンタを認識させるためのソフト(デバイスドライバ)のインストール作業を行います。

まず、セットアップCDもしくは、セットアップ用のプログラムをダウンロードし、パソコンで実行します。

セットアッププログラムが表示されるので、表示された説明通りにセットアップしていきます。

完了すると、テストプリントが促されるので、無事無線で印刷できれば設定完了です。

セットアッププログラムはメーカーサイトで公開されていますので、「プリンタ型番 ドライバ」等で検索するとメーカーサイトのダウンロードページが表示されるので、そこからダウンロードすることができます。

 

印刷ができない場合

印刷ができない場合以下のようなことが考えられます。

①プリンタに接続したネットワークがパソコンとは別のネットワーク

ルータのネットワークは2.4GHz帯と5GHz帯のネットワークに分かれており、これらは別々のネットワークのため、無線プリンタ設定を行う場合は同じネットワークで設定をしなければいけません。同じネットワークに接続されているか確認するために、プリンター・パソコン共に同じSSIDで接続がされているかを確認します。

 

②インストールしたドライバの種類が異なるため

デバイスドライバはOSごとに種類が分けられており、さらに32ビットと64ビットに分けられているため、異なるOSとビット数のドライバをインストールした場合、正常に動作しないことがあります。

 

 

以上がおおよその無線プリンタ設定の流れになりますが、実際はセットアップCDやマニュアルを見てセットアップするため、若干設定方法が異なるかもしれませんが、設定自体は難しいものではないのでルータと無線対応プリンタがありましたら是非設定してみることをお勧めします。

 

 - PC関連知識, その他, ネットワークトラブル, 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

need_format
Windows10のPCにWindows7で使用していた外付けHDDを接続し、急に取り外しを行うと・・・
kyassyu
キャッシュやCookieなどの一時ファイルの仕組み
w10
Windows10の新規インストール方法について(クリーンインストール)
reji
意味不明のエラー検出やパソコンの動作に影響を及ぼす迷惑ソフトとは
wex-300_m1
ルーターから距離があり、Wifiの電波が不安定なときに便利な「無線LAN中継機」
ie
Windows10にアップグレード後に行うと便利なブラウザの設定
a1
迷惑ソフトの駆除に便利なフリーソフト「AdwCleaner」
internet option
ブラウザのトップページの変更方法
ssd
HDDからSSD換装でパソコンを高速化!
234
迷惑ソフトを手動で削除する際に確認する項目